フラワー&ベーカリーの毎日 レッスンのことなど 


by flower-haru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2009年 07月 28日 ( 2 )

真夏のウエディング事情

真夏でもウエディングはあります。
ほぼ毎週です。すっかりお腹が目立ち始めた相方もうんしょうんしょと掛け声でがんばっています。
もちろん重たいものは運ばないように気をつけていますが、ちょっと目を離すと「ふが~っ」と抱え込もうと
するので危険な奴です。つわりがおさまり食欲増症中の本人は至ってほわんと、運動不足解消ですよ~ですって042.gif
c0198560_1552538.jpg
こちらは先週の土曜のウエディング。おっきいのとちいさいの(この場合、テーブル数や会場の規模)が複数件あり相変わらず時間に追われます。
真夏のこの季節、お花は端境期を迎え、秋の花たちが出回りはじめるまでの間、ご希望の花材を手に入れるのには苦労します。しかも夏場の花たちは、茎が細い!バラは花が極端に小さかったり、丈の長いものもなかなか。水揚げの悪い花材がやたら多かったり。
こちらのカップルは、打合せの際「なんでもいいです」というおまかせコースのお二人。なにかご要望は?に
とりあえずふんわりボリュームをだしてほしいくらい。色も、白や薄いピンクやグリーンで・・・というシンプルなご希望。
それではと、綺麗な大輪のダリアが使えたのとトルコキキョウの花付がよくボリューム出しはまずまず。
c0198560_15531454.jpg
シンプルできれいな会場になりました。
c0198560_15532478.jpg
ブライダルフェアの準備で前夜、会場に行くと、披露宴後の裏通路に御用済みのお花たち。
片付けて帰っても捨てる気にならず、束ねてかわいいブーケにしてみました。満開のSPバラはプリンセス。
オフホワイトの柔らかい花弁がキュート。お役目お疲れさまと声をかけてキーパー内に飾っています。
[PR]
by flower-haru | 2009-07-28 15:52 | ウエディングのこと

ブライダルフェア

c0198560_9164564.jpg
爽やかな夏のウエディング。そもそもブライダルフェアとは、今の季節に開催なら秋以降のご予約のためのもの。ショー形式で本番さながらに会場を飾り、当日の様子を体感していただくものです。
c0198560_9193024.jpg
すべてが先取りのこの業界ですが、やっぱり今は夏!清涼感を!!でカラーウォーターを使いました。すっかり夏定番です。
c0198560_9212261.jpg
でも、この会場装花見た目よりもセッティングはかなりハード。
スマートで不安定、しかもカツンっですぐに破損しかねないガラスベース。これに1本ずつ手作業でクリスタルを仕込み、同じ濃度になるように調合した水を同じ量になるように注いでいき、テーブルのセンターに配置します。重いし転倒してはいけないので、1本ずつ丁寧に運びます。これを適当にしてしまうと、ずらっと並んだ時におかしいですからね。
c0198560_9214570.jpg
花は前日の遅くに作成ですが、大きな会場でも見栄えするようにふんわりさしていくと、ひとつひとつかなりの大きさになり、正直、置く場所もないのです。。。それが一番の悩み。夜はお店も暑くなるので必死でキーパーにしまい、入りきらないものは、当日の朝に仕上げるのです。
結婚式の仕事って、とても華やかでかっこいいお仕事という印象が強く、憧れの職業のようですが、夜な夜な結構地味で孤独な世界。でもセッティングを終え会場を見渡すと
あ~きれい。。。今日も達成感が味わえるのです。
この仕事に憧れる方へ!必要なのは体力と責任感、そしてやる気です。センスや技術は後から就いてきますよ。この達成感だけで満足できるのは幸せな証拠です。
c0198560_9321477.jpg
会場担当者の今回投げかけられたミッションは、チェアカバーの色に合わせる ということのみでした。数日前にデザイン、花材を決め届いた花材を見て納得。
うん、よくマッチしているわ。ほっとする瞬間です。

使った花材
バラ(シルバナスペック)
バラ(アバランチェ)
トルコキキョウ(マジックラベンダー)
デンファレ
カラー(ブラックアイビューティ)
アガパンサス
デルフィニューム(マリンラデンダー)
カーネーション(マーロン)
ベロニカ
ペラ
モンステラ
ソケイ

[PR]
by flower-haru | 2009-07-28 09:51 | ウエディングのこと