フラワー&ベーカリーの毎日 レッスンのことなど 


by flower-haru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

秋紫陽花とため息

c0198560_17231799.jpg
ドライフラワー用のきれいな色の秋紫陽花店頭販売開始です♪
どれでも1房450円です。数量わずかです!お早めに~

さて、ため息です。。。

ずいぶん便利な世の中になったけれど、できることと無理なことがあると思います。
昨日のこと。
レッスンを終えた生徒さんたちで店内は少々賑やか。
それぞれの皆さんをお見送りした後、お待たせしていたお客様の接客をさせていただくことに。

キーパーの中をのぞきこんでなにやら悩んでいるご様子。

「何かお探しですか?」

すると、SPカーネーション(枝咲きになったタイプ)を探しているとのこと。

しかも、輪数が10輪という指定。

その時点でピン!とくる。

幾度かこのパターンで繰り返される光景。

「何か試験か資格で必要でしょうか?」

すると、曇りがちだった表情が少し緩和されるよう。

「これを作らないといけないんですが・・・」

と、差し出された携帯の小さな画面の写真。

「あと、カスミ草とイタリアン・・・」

メモをちらりと見て

「イタリアンルスカス?」(なぜか片言)

資格取得用のレッスンのために花材を求めにいらっしゃっているのです。

ううん、資格取得のための試験に合格するための練習と言ったほうが正しいでしょうか。

デジャブ???

と思うくらいこんなやりとりが繰り返されます。

いつも思うのは、残念の一言。

その作品を作るための材料を手に入れたいのだけれど

皆さん一応に、どれを買えばいいのかが、わからないということ。

そして花の名前と実物が一致しない。

「カーネーションは1本いくらですか?どれくらいの本数があればいいでしょうか?」

「カスミ草は1本いくらですか?どれぐらいの量があれば足りるでしょうか?」

後はひたすら質問です。

そしてイタリアンルスカスはありません。

さぁどうする!!

「ユーカリを使ってみられませんか?」

ユーカリを手にした私に

返ってきた言葉に愕然・・・

「これはどのあたりで切って、給水製スポンジに挿せばいいでしょうか?」

「・・・・」 絶句です。

それは自分で考えることじゃないんでしょうか???

しかも

「花材の予算は2,000円なのでそれでいい感じに揃えてもらえたら・・・」

丸投げじゃあないですか!?それって!!(心の中で叫ぶ~)

適当にあしらって、花だけ買ってもらえればいいんでしょうが

私にはできないですからね008.gif

生徒さんの手前お教えすることはできないし・・・しかもいいかげんなことを教えられないし。

「わたくしには、お客様がどの資格のどの試験のものを作られたいのかわかりませんし
資格もそれぞれ協会によって試験の内容も方法もすべて違いますので・・・」

お決まりの台詞を言わないといけなくなってしまう。

すると、極めつけの反応

「え!!!違うんですか!?」

がっつび~~~ん (古いリアクション)

またか・・・

ため息です。

そんなことも知らないで007.gif

本当に気の毒になります。

花の資格は一律で、当然お花屋さんはみんな持っていて知っていると思っているんでしょうね。

くわしく聞けば、某協会の通信講座を受講されているそうでした。

指定の花材で制作した作品を期限までに提出(多分写真で)しないといけないんでしょう。

相談できる人も詳しく教えてくれる人もそばにいなくて

画像だけで本当にできるのでしょうか。



素人同然の私に付きっきりで教えてくれた勤め先の社長のおかげで

国家資格をとりました。

そこでしか学べない!とヨーロッパに飛びました。

この人の感性を学びたい!と横浜まで数年通いました。

その先生は、どんなに人間離れするくらい忙しくとも

直接指導をかかしません。

そうでなければ、その作品は作れないからです。

その人から学ばなければなんの意味もなく

紙切れの資格をとる必要もないからです。

今や資格の世の中になり、あれば損はしない資格です。

でも、花は難しいんじゃないかなって思います。

こればっかりは感性の問題だもん。

上手いも下手もない、良いも悪いもない、好きや嫌いの好みだってある。

以前も申し上げましたが、

簡単に取れる資格なんて意味ないですから!!

本当にその資格必要ですか?

なんのための勉強なのですか?

必要なのは、いかなるものであろうと得ることができる技術とその後の活用方ではないでしょうか。

結局、練習用だということで予算が合わずお帰りになられました。

もちろん、どこで買えば安くでたくさん買えるかご紹介させていただきました。

指定の花材があればいいのですが。

うん、いっぱい練習できるといいですね。

後は自分自身で見極め選ぶ力を養ってください!

言いたいことはそれだけで~す。ながっ!!
[PR]
by flower-haru | 2009-09-23 18:44 | 日記